水回りのリフォームを中心にした施工を受けました。

築70年の木造古民家のリフォーム工事を受けました。 きっかけは30年前に薪から変えた灯油のボイラーが破損し、修理が困難になったことと、台所のシンクを中心とした調理エリアが経年劣化で見るに堪えない状態になったことです。 いずれ建て替えるつもりだったので、なるべく予算をかけず必要な部分のみを交換するというやり方でリフォームを施行して頂きました。  具体的な施工内容は、台所(シンク、ガスコンロの全交換、水回りの壁面を新型のパネルで覆う。換気扇をレンジフードへ変更。)、浴室(パネルで被覆、床のタイルをはがしてコーティング、浴槽を特殊な樹脂でコーティング、蛇口の交換)、脱衣所も水道のシンクを交換してもらいました。 浴槽を撤去したり、台所の床面の張替えを止めるなど、業者さんのコストカットの提案に従って最低限で利便性や外見が一番変わるという内容の工事を行った結果200万以内の予算で収まりました。合い見積もりの業者さんと100万円以上の予算の差があったので、かなりリーズナブルにできたのではないかなと思います。広告で見た業者さんと知人の紹介の業者さんの比較だったのですが、知人の紹介の業者さんの方が安くできました。 施工期間は10日程度、お風呂は数日間使えませんでしたが、最低限の使用制限だったと考えます。

サンリフォームの評判・口コミは悪い?